ダイオウイカとわたし

journal|2013.07.21

僕はダイオウイカが大好きです。12年前アメリカに住んでいる時にテレビを付けたらその時たまたま放送されていたディスカバリーチャンネルのCGのダイオウイカ(Kraken)の映像がきっかけで、それはまるでスターウォ―ズか何かの巨大宇宙船が光を放ちながら宇宙を飛んでいるようで、こんなやつが本当にいるのか!と興奮したのでした。

今でこそやっと『まぼろしの巨大生物ダイオウイカ!!』なんてチヤホヤされておりますが、今まで日本ではダイオウイカの番組はおろか、ダイオウイカの死骸が発見されてもニュースにもならなかったし、そもそもダイオウイカっていう名前すら知らない人が多かったのではないでしょうか?しかしダイオウイカの標本はずっと前から上野の国立科学博物館の大型生物のコーナーでキリンの骨の台座のようにされながらひっそりほとんど誰の目にも止まらず日の目を見るのをじっと待っていたのです。

nationalsciencemuseum

このダイオウイカは国立科学博物館の室長でもある海洋生物学者、窪寺恒己博士、a.k.a. Dr. Kuが世界で初めて生きたダイオウイカの撮影に成功した時の、生物学史の記録に残る貴重なダイオウイカの標本なのです。

このダイオウイカが釣り上げられた瞬間の感動の映像がこちら

それをふつうのキリンとかヘビの骨と一緒に並べられて、どうしてこんな扱いなんだ!?と僕はひとりで騒いでいたのですが誰も共感してもらえず、僕もまたじっと待っていたのでした。

その機会は今年突然やってきました。「渋谷DEどーも2013」で催された子供向けのイベントに窪寺博士がトークショーをするというので、ここで僕は直接Dr.Kuにダイオウイカの質問をしつつ、国立科学博物館のダイオウイカの扱いが不当であるという思いをぶつけるつもりでした。ところが、質問コーナーが始まると7歳くらいの男の子が元気に手を挙げて「海底に沈んだクジラの死骸の骨だけに住むアカハナホネクイムシは、骨がなくなってしまったらどうやって生きて行くのですか?また、違うクジラの骨まではどうやって移動するのですか?」という超マニアックな質問をしていて、僕はすっかり心が折れて何も質問できませんでした。

トークショー後の窪寺博士と、緊張しすぎてアゴがしゃくれてしまった私の記念すべきツーショット写真。

Dr_kuBW

以前から申し込んでいた国立科学博物館での特別講演「巨大イカ暗黒に舞う-カメラが捉えた深海性大型イカ類」では抽選にもれてしまい、別室からパブリックビューイングになってしまいました。しかし開演ギリギリになって会場に空席があるということで、無事Dr.Kuの講演を生で聞くことができました。今度は大人向けの講演で、NHKでは放送されなかったDr.Kuのカメラで撮った写真や映像が見れたり、撮影の裏話なども聞けてとても素晴らしい講演でした。その時の話で、Dr.Kuは2004年に世界で初めて生きたダイオウイカの写真撮影に成功していて、このニュースは日本では大してニュースにはなりませんでしたが、アメリカのナショナルジオグラフィック誌ではハリケーンカトリーナを押さえて、2005年の最も重大なニュースに選ばれたほど世界では驚きのニュースだったそうです。

ナショナルジオグラフィックの記事がこちら

ちなみに2005年の日本の最も重大なニュースは何だったか調べてみたところ、小泉首相の自民党が圧勝したことらしいです。う〜ん. . .

今年2月にも空飛ぶイカを北海道大学が初めて撮影したのに全然話題になっていなくて、これもまた僕は不満です。なぜ日本人はこんなにイカに興味が無いのか. . .ちょっとジャンプしたとかじゃないですよ、30メートルも紙ヒコーキみたいに変身して飛行してるんですよ!

飛ぶイカの記事はこちら

そして7月17日、ついに今年一番楽しみにしていたNHK『深海』特別展に行って参りました。

今回はさすがにダイオウイカがドーンと会場ど真ん中に、しかも触れる程近くで見れるように展示されていました。ち、近い!これはすごいぞ!

IMG_7599

IMG_7603

7/19は六本木ミッドタウンの深海4Dスクエアのダイオウイカのオープニングにも行ってきました。大型模型(3)+ダイオウイカが生息する小笠原諸島海域の気象データ(D)の4Dによるプロジェクションマッピングらしいですが、そんな事より本物のダイオウイカの成体と同じ15メートルの模型なので、実際ダイオウイカに海で出会っちゃったらこんな感じかー!っていうのが体験できて良かったです。

IMG_7772

最後に、こちらがダイオウホオズキイカの赤ちゃんの標本。

IMG_7607

今回の『深海』特別展に展示されているのですが、みんなこの小さな標本をスルーしてしまっているようでしたが、しかしこいつ、あなどるなかれです。

2007年2月に南極海で捕獲された未成熟のダイオウホオズキイカでも体だけで250cm体重450kgだったというのだから、成体になると全長20mを越えるんじゃないかとも言われていて、ダイオウイカよりも肉厚なイカなので重さも1トンくらいになるらしいのです。Dr.Kuの次の目標は、南極海でこのイカを撮影することだと言っていました。是非成功して欲しいものです。

ダイオウイカに関係する撮影のお仕事お待ちしております。

細野晴臣とピーターバラカン


Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/life360/public/www/wp/wp-content/themes/aizawa/index.php on line 13
|2013.07.20

InterFMフリーペーパー『It’s About the MUSIC!』Vol.002 JULY

daisyholiday021

daisyholiday010

バラカン「伊藤大地ってすごくいいよね!」

細野「でしょ?」

撮影機材を片付けている時2人の会話が聞こえてきて、なんだかすごく嬉しかった。

大地くんすげえなあ。

嗣永プロ

Photo|2013.07.08

6/29のタマフル、サタデーナイトラボの「ベース・ボール・ベアー小出祐介、大いに語る”嗣永桃子は、いかにして<嗣永プロ>から<ももち>になったのか?」特集!

http://podcast.tbsradio.jp/utamaru/files/20130629_satlab_1.mp3

面白いので是非聴いてみて下さい。

撮影させていただきました。やっぱりプロでした↓

ももち

CDジャーナル7月号

ハレロヤ

Photo|2013.05.29

雲が重い。窓の外は全てがグレーだ。

近畿・東海地方では昨日梅雨入りが発表されたとたまむすびで話しているのを聴いたので、ふと今週末に撮影をお願いされていた京都の友人の野外結婚パーティーのことを思い出しました。

「そういえば外だけど天気大丈夫かなあ?」

そう思って調べてみたら、降水確率は50%。降らなくても曇り空になりそうな予報。

神様、どうか6/1だけは京都から雲を飛ばしていただけないでしょうか?

スマイレージの写真を撮影したのは先月でしたが、これが出る頃はきっと毎日雨続きでみんな(特に僕自身が)憂鬱になっている頃であろうと考えたので、逆に梅雨明けをワクワクしながら待っているようなイメージにしてみました。

スマイレージ

CDジャーナル6月号

うっとりの世界

Photo|2013.05.27

今月号のCDジャーナルはダブル表紙となっておりVampire Weekendと細野さんという、僕の大好きなエキゾ感漂う表装となっております。

自分は普段デジタルの仕事がほとんどですが、細野さんの撮影の依頼が来た瞬間からこれは大判カメラで撮るしかないと直感で思ったので、編集長にワガママ言ってそうさせてもらいました。ポラ1パック分(ライティングと構図のテスト分を引いて、たしか7枚?)撮影して、その中からその場で細野さんに選んでもらい、マジックでサインをしてもらいました。改めて思う事は、たとえポラだとしてもやっぱり大判カメラには利便性を追求したデジタルカメラには存在し得ないゆっくりな時間の流れと、それでいてどこかピリっと張りつめた空気が漂っているということです。後から考えると、僕はそんなところを細野さんの作る音楽とをどこかで重ね合わせていたのかもしれません。

. . .そんな意味深なこと書きながらも、「サイン入りポラって、読者プレゼントかよ!?」みたいな事をしてせっかくの大判カメラの凛とした空気感をぶっ壊すような事をやっちゃってますが、そんな遊び心をくすぐられるメディアであるというところもひっくるめて、やっぱり僕は大判ポラで撮るという行為が好きみたいです。

ちなみに細野さんのカバーアルバム、すごく良いので必聴ですよ。細野さんの声と選曲のセンスは自分ごときが何も述べるまでもありませんが、大地くんの神業ドラムにますます磨きがかかっていて、最初から最後までずっと「うっとり」です。

hosono

藤井龍徳:フリソソグモノニツイテ

journal|2013.05.02

僕の尊敬する足利市在住のアーティスト、藤井龍徳さんの展示を観に行ってきました。

深川番所ギャラリーで長年にわたって採取した雨水や、川の水の水質をきちんと調べると、チェルノブイリの事、中国の大気汚染の事、福島原発の事. . .旅をしてきた水は、色々なことを語ってくれるそうです。

藤井さんはとても身近にある水や土の成分をデータ化することによって、空、水、人間、セシウム、お金などについて考えさせられるような作品を作り続けています。そしてそれは、普通は誰も知りたくない怖い事、できれば目を背けて生きて行きたい事を見つめ続けるという残酷な仕事なのであろうと僕は思いました。

藤井さんは週末は在廊しているそうなので、興味がある方は是非足を運んでみてください。

藤井龍徳1藤井龍徳2藤井龍徳3藤井龍徳4

藤井龍徳:フリソソグモノニツイテ

2013年5月1日 – 31日(月曜休)12:00 – 19:00

深川番所

東京都江東区常盤1-1-1-2F
03-6666-9862

Exhibition CM

FUJII Tatsunori: Fukagawa weather station

『かんぺきな未完成品』

Photo|2013.04.29

5月15日発売の『かんぺきな未完成品』にあわせて、今回初めてSCOOBIE DOのA写を担当させて頂きました!

scoobie

そしてPVも撮影しました。PV撮影と言っても、今回はカメラ据え置きで一発撮りだったのでアングル切って録画ボタン押しただけですけど(笑)。

SCOOBIE DO / かんぺきな未完成品(PERFECT UNFINISHED PRODUCT)

SCOOBIE DOのCDジャケットではいままでにない感じでかっこいいと思います↓

kanpeki_jkt01

集合写真

BlackBeltJonesDC近藤さん、GROUNDRIDDIM高野さん田中さん松本さん、そして小山さん、松木さん、MOBYさん、ジョーさん、ありがとうございました!

鈴木愛理

Photo|2013.04.23

『鈴木は、急に大人っぽくなりました。表情も声も大人っぽくというより、もう大人ですね』byつんく。

℃-uteの鈴木愛理ちゃん(さん)。今年から大学生なんだそうで、あどけなさと大人っぽさが混じっているまさに今の感じがすごく良いのです。

airi

airi2

CDJournal5月号

『俺俺』

Photo|2013.04.23

ピクトアップ#82の表紙を撮りました。亀梨和也主演『俺俺』特集です。

諸事情により写真はアップしませんが、そのかわりにちょっとした撮影秘話を。

見開き扉で電話線がギュイーンと延びている不自然ななアングルから撮った写真が載っていますが、実はその元ネタは. . .

yazawa

『載ってくれ、アーハー♪』

この写真、僕が撮ったわけじゃないんですがすごくカッコ良くてずっと脳裏に焼き付いていたんです。いつかこんなのやってやろうと。それでやってみた結果、やっぱり電話のコードじゃぜんぜんこんな勢いはでなかったけど、全く違う着地点に収まったので今回の写真はこれはこれで気に入っています。

それからコンタクトシートが特集の最後のページにあるんですが、それ、実は元々別の案があってそのために撮影したんですけど、亀梨君の動きがあまりに良すぎたので「これ、このまま全部動きを見せた方が良いんじゃないか?」ってことになってそのまんま出したのです。ほんとあんなに動けるってすごい。僕の想像力なんて全然すごくない. . .

とにかく是非書店でチェックしてみてください!

Mash Up

Photo|2013.04.03

Juice=Juice『私が言う前に抱きしめなきゃね』

ギルガメッシュなサックスの旋律と、1998年生まれがMash Upしてて「なにそれー!」って感じが大好きです。

まさにこのMV撮ってる時にスタジオの屋上にてチャチャっと撮影しました。この時点ではまだグループ名が無く「ハロプロ研修生」としか聞いていなかったので誰だかよくわからないまま撮影していましたが、かっこいいデビュー曲に恵まれてみんな良かったなあ、としみじみ思っております。

juice=juice

電気グルーヴ『人間と動物』すばらしい奇面ショットもあったんですが、NGになってしまいお見せできないのが残念です。

『Missing Beatz』やっぱお金はこうやって使わなきゃ!

denki

伊東ゆかり/David Matthews 「メモリーズ・オブ・ミー」

ビリージョエルのアレンジを手がけるDavid Mattewsさんのアレンジによる「あなたが噛んだ 小指が痛い〜」で有名な伊東ゆかりさんの歌手生活60周年アルバム。

yukariito&davidmatthews

多種多様な方々とMash Upできて、実に光栄でございます。

CDジャーナル 2013年4月号


1 / 1412345...10...最後 »

topへ移動